パプアニューギニア

2011/08/08

PNGで「カカオソープ」

パプアニューギニア(PNG)から帰国して、
バタバタしているうちに1週間。
今日からアフリカへの出張に行ってきます
airplane
と、その前に、PNGの回顧録。

PNGは世界でもトップ10に入るカカオの生産国。
日本から6時間半足らずで行ける、とっても近いカカオ生産国の1つ。
ところがこのPNG、数年前からカカオの虫害がひどく、
カカオ農家も収穫・収入が大きく減少する状況が起きています。

そこで、カカオ豆を輸出するだけでなく、
カカオ豆を使って付加価値の高い加工品を作り、
観光産業や内需産業に新しい市場を作ることができないだろうか?

と始まったのが、今回のプロジェクト。

チョコレートはもちろんのこと、パンやクッキーetcと
その場で”地カカオ豆”を焙煎し、手作業で皮を取って・・・
“挽き立てカカオマス”を作り、色々なものを試作しました。
焼いたカカオ豆を機械で粉砕すると、部屋中がチョコレートの香り!!

今回の試作の中でも商品化へのゴールが最も近いのが「カカオ石けん」。

PNGはカカオだけでなく、ヤシの木もいっぱい。
当然、その実であるココナッツも沢山あるので、
自家製ココナッツオイルにお肌に優しい他の油と、
PNG特産のバニラを混ぜて、まずは白い石けん生地を作ります。

これの一部に“挽き立てカカオマス”を混ぜて、
白と黒のマーブル状に型に入れると・・・

Img_1042_2    


これをカットすると、こんな素敵な模様に。

Img_1093

カカオマスを全部混ぜれば、画像後ろの
全身チョコレートカラーの石けんに。

自家製ココナッツ油は泡立ちが非常に良く、
カカオの油脂には保湿効果があるので、
洗っているときはシャワシャワの泡と、
カカオとバニラの甘〜い香り。
洗い流すと・・・しっとり。
他にもお肌に優しい油を混合しているので、うるるん。

Made in PNGの天然カカオハンドソープ。
おひとついかがですか?


 

| | コメント (5)

2011/07/31

パプアニューギニアから帰国!!

先週の土曜日から1週間、パプアニューギニアでの
チョコ開発指導のために、日本を離れていました。

首都ポートモレスビーに早朝5時前に到着、
そこから国内線に乗り継いで「ラバウル」という
昔、太平洋戦争で日本軍が駐在していた地域へ。

空から見るとキレイな海岸とヤシの木林、
奥地には原生林を見ることが出来ます。
カカオの木も沢山あります。

Img_1117

ラバウル(ココポ)の空港はこんな感じ。

Img_0984_2

パプアニューギニアは全体的に
時間の流れがの〜んびりとした国。
空港で働いている人も・・・

Img_1113_2

赤道直下、南緯4度でも今は冬なので
明け方は涼しくて半袖では寒いくらい。
日中30℃以上あっても、緑が多いせいか
東京よりも過ごしやすく感じます。

というか、成田に着いて痛感。
東京、とっても湿気ている・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)